記事

またレア・ラム入荷

また新しくレアなラム酒が入荷しました
徐々にですがラム酒・ファンも増えていってます

パナマの「マルテコ10年」

中米グアテマラで1939年に創業したインダストリア・
リコレラ・デ・クェザルテカ社が手掛けるラム。
マルテコのシリーズは、他の元スペイン領の国々とは違い、
モラセスではなくサトウキビ・ジュースを原料に製造。
連続式蒸留器にて蒸留後、標高2500mにある自然の洞窟の中で
オーク樽にて熟成されます。
糖蜜やコーヒーの風味にカカオやバニラの風味が感じられます。
ややサッパリとした甘みで飲みやすいラムです。

トリニダード・トバコの「クラーケン・ブラック・スパイスド」

クラーケンは大型帆船を襲ったとされる伝説上の巨大なタコの海獣
その名のとうりタコのスミのように真っ黒!
ボトルは、ビクトリア朝時代のラムのボトルのレプリカです。
ストレートやロック、コーラで割ったクラーケン&コーラや
エナジー・ドリンクで割ったクラーケン・ボムなどでお楽しみ下さい。

バミューダ島のダーク・ラム「ゴスリングス・ブラックシール」

イギリス領バミューダ諸島産ラム。
製造元であるゴスリング社は1806年、創設者ジェームス・ゴスリングが
イギリスからアメリカに向かう途中、燃料切れのためにバミューダ諸島
セントジョージ港に寄航、この地にリカーショップを開いたのが起源と
なっています。
ブラックシール(黒いアザラシ)ダークラムは、モラセスと呼ばれる
サトウキビから取れる液体を原料として、97%連続式蒸留器、
3%を単式蒸留器にて蒸留後バーボン樽にて3年以上の熟成させ、
その後、1800年代中頃から変わらないレシピによりブレンドしています。
このレシピは製造元であるゴスリング・ブラザース社のオーナー、
ゴスリング家により代々継承されています。
ブレンドのレシピは現在、同家の2名しか知りません。
存在感のあるボディ、ラムらしい香ばしさと熟成感のバランスが魅力。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP