記事

アフロ・ラテン・ダンスの世界

やっぱりシーズンで外人だらけのルンビータでしたが
最近はレッスンから参加の外人多いです
海外観光組は以前は
踊れる人がパーティから参加しかなかった
こんな観光外人がレッスン受ける!というようなことは
この1、2年の現象ですが
サルサ、バチャータ、キゾンバ
世界各国で裾野を広げてるようです
われわれサルサ・フェスのゲストDJとかでしか
海外行かないですが、
そういうピラミッドのテッペンの世界とは全く別に
裾野は確実に世界の隅々に広がっていってるようです
この間、京都でもセンシュアル・バチャータ人気がすごいですが
これねえ、かなり難しいんでノリだけでは踊れないです
きっちり勉強しないといけません
バチャータには大まかに3種類あります
センシュアル、ロマンチカ、ドミニカン
いまルンビータではアリ、ソンのセンシュアル
マサノリ、ルーチョのロマンチカですが
人気薄気味ですがどっかでドミニカンもやりたいと思ってます
あと、昔はサルサ一辺倒だった
世界のアフロ・ラテン・ダンスの世界ですが
キゾンバ、センシュアル・バチャータの流行で
いまちょうど3当分されてます
次の土曜日は東京からタカテンさんが来て
6時からキゾンバ・レッスンしてくれます
またそろそろキゾンバも力入れて行こうと思ってます(DJロドリーゴ)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP