記事

平成最後のダンス

こんにちは!
京都(kyoto)三条、河原町駅からすぐのサルサ教室、「カフェ・ルンビータ」です。

いよいよ、新しい元号の発表まであと1週間となりました。
次はどんな元号になるのでしょうね。

平成も残り1ヶ月と少し。
平成最後のときを、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ところで、「平成」ってどんな意味だったでしょう。
改めて調べてみたところ、
「内平らかに、外成る」
(国の内外、天地とも平和が達成されますように。)
ということだそうです。
達成されたかどうかは、諸説あるかと思いますが、
個人的には良い思い出もたくさんできた時代でした。

次は何という元号になるか分かりませんが、
慣れるまで、また少し時間がかかりそうな予感です。

新たな元号でも、楽しいことが沢山あるといいなと思います。

巷では、「平成最後の」という文句が世に溢れておりますが、
皆さん、「何か特別なこと」を、されていますか?

思い出に残る「何か」をしたいところです。

昭和や平成になったときには、
新しい元号になった当日に入籍された方も多かったそうです。

産まれた赤ちゃんに、元号にちなんだ名前をつける方もいらしたとか。
「昭一」さん、「和子」さん、確かに多そうです。

当店からのご提案として、
月並みですが、「平成最後に」サルサをはじめてみませんか?

「平成最後に楽しくダンス教室に通い始めました!」
「私がsalsaをはじめたのは、改元の年だよ」
なんて縁起が良い気がします。

いよいよ平成も残りわずか。
平成の最後まで、楽しくダンスしましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP