記事

初心者の方も、もちろん楽しめます

こんにちは。京都(kyoto)木屋町(kiyamachi)のダンス教室&バー「カフェ・ルンビータ」です。

初心者の方にとって、「ダンス教室は敷居が高い」と思われがちですが、「salsaがいかに大衆的なダンスで、親しみやすく、誰でも楽しめるものか」ということをお話ししたいと思います。

まず”サルサ”はスペイン語で”ソース”のことです。
お料理に使うソースと同じように、毎日の生活に欠かせないものとして世界中の人に愛されています。

初心者の方がサルサについて興味を持って調べてみると、
「食べ物に関する言葉を、よく使っている気がする」
と思われるかもしれません。

サルサ=ソース
ピカンテ=辛い
サボール=味わい
メレンゲ=卵白を泡立てたもの

等々・・・
キッチンで使われる言葉をダンスに使っているんですね。
人間にとって「食べること」はとても日常的で、とても大切。

おしゃれで特別な人のものではなくて、
サルサは日常的に、情熱や愛を持って踊られている、
「大衆的なダンス」だというのが、こんなところからも見えるのではないでしょうか。
さらに身近に感じられますね。

奥深くて幅の広いサルサの世界ですが、
人間同士の営み、文化が影響し合って出来てきたものです。
そう、特別な人ではなく、私たちのように、日々を生きている人間の音楽です。

ルンビータでは陽気な音楽をたくさん聴くことができます。
ぜひサルサの世界を味わいにいらしてください。
初心者の方も、経験者の方も、皆さん大歓迎です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGE TOP